不思議な形のこの記号 「ビーデ」って言うのです

こちらの記事は

旧ブログの2010年7月に掲載したものに画像を加えて編集しなおしたものです。

 

楽譜によくでてくる
codaへ飛んで下さいと促すときにでてくる
ゆで卵に楔のついた十字架が乗っかってる記号。

これ↓

(もうちょっと上手く書かなかったのが・・惜しい)

「ビーデ」だって
知らなかった。
記号だから名前があるはずと思い
調べた事があるんだけれど
私の勉強不足か見落としか…

読み方をしらなくても演奏できるから、それに甘んじていたのが原因かな。

それが
中学生の音楽の勉強を見ていたときに
いつもはしげしげとは見ない「副教材」に記載がありました。

その副教材には vide(ラテン語)とあるけれど

ラテン語なんてイタリア語とそうかわらないんじゃ?と

学生のころ 第二外国語はイタリア語をとっていたので

(イタリア語の授業に出ていただけで全くちんぷんかんぷん。

でも辞書だけは大事におとり置きしていました。

その辞書で強引に検索。)

videはなかったけれど vidiはあった

あちらの言葉は 複数形や女性形やなんとかで語尾がよく変化するから

vidiも似た様なものだろう

vidi → vedereの直・遠・1・単とあったので

vedereを検索→ ?見る ?目を向ける

 やった! たぶん ラテン語ではvideだけどイタリア語ではvedereだ。

 あの プロペラみたいなとか、ハンドルみたいなとか言ってたあやしい記号。

 「目を向ける」目を向けなさいと注意を促し codaに突入させる記号だ。

 30年ぶりに辞書が役に立ちました。

 ここまでしなくてもよかったんだけど

 ここまで調べる過程がないと、たぶんすぐ忘れてしまうのです。

 3日たったら、 ほれ それ あの あそこに書いたよな、なんて

 過去記事を探って そのうちそれすらしなくなるかも。

 

それでは 皆様、この記号の読み方は 「ビーデ」

注目をさせ注意を喚起する記号です。